post

採用活動を通じて感じたこと

皆様こんにちわ!
採用担当のKです。

前回のブログでもお伝えした通り、たくさんの求人応募があり、最近は採用活動がメインになっております。
そこで感じたことを綴ろうと思います。

前のブログでも述べましたが、まつげエクステサロン立上げ時はアイリスト1名でのスタートでした。
当時は友人・知人で一緒に仕事をしたい方々へアプローチしていきました。
一日も早く当社で仕事をしてもらいたくて、無理をいって当初の予定より早く入社を促したスタッフもいます。
いわば、当時は一緒に働く仲間を探し、「お願い」をしていた状態です。
今でも当時のメンバーには頭が上がりません。

しかし、今回多くの求人応募をいただいたことで色々と考えさせられました。
多くの方々からご応募いただくと、当然ながら人選をしなければいけません。

これまでは「お願い」をしてアイリストを集めていたのが、
今では人を選ぶ立場になっているのです。

私自身、これまで美容業界以外でも採用活動をしたことがあるので、
面接は慣れているつもりでした。入社可否についても常にシビアな判断をしてきたつもりです。

しかし、いつまでも慣れないのが「採用不可の連絡」です。
他の会社では「採用不可は連絡はいたしません。ご了承下さい」という対応もあります。
ただ、苦手ですが必ず連絡する理由は、「連絡なし」の自然消滅が求職者さんに対して失礼だと思うからです。
また、お節介だとは思いますが、例えば未経験の方であれば
「会社としては不採用の結果でしたが、個人的には◯◯様の今後のアイリストデビューを応援してます!」
ということまで言ってしまいます。

本日も「採用不可連絡」を何名かの方々にしました。
反応は様々です。
「わかりました〜」という感じの方。突然黙ってしまう方。とても前向きな方。

その中でとても嬉しい言葉をいただきました。
未経験の方だったのですが、
「わかりました。非常に残念ですが、今後アイリストとして経験し、将来的に再応募することはできますか?」
という言葉をいただいたのです。

「ご縁がなかった」という結論ではなく、今後も「ご縁があるかもしれない」という前向きな気持ち。
そして、採用不可の通知をした上でも入社を希望する強い熱意。

私自身、到底ひとを選べるほどの人間ではありません。
しかし会社としてはお客様に満足をしていただくため、シビアな判断をしないといけない。
面接のときに一回きり会っただけですが、それ自体が大きなご縁だと思います。

以前に比べて、多くの方に志望していただけるお店になったことを胸に、
さらに多くの方(お客様も求職者様も)に興味をもっていただけるお店作りを目指して行きます。
今後ともよろしくお願いいたします。

post

たくさんの求人ご応募をいただいております!

皆様こんにちわ
アイデザイン採用担当です。

先日、六本木店オープンのご案内をしましたが、
それに伴い、現在六本木店のオープニングスタッフを募集しております。

そこで、各種求人媒体に広告を出したところ、1週間で10件近くのご応募がありました。
求人誌の担当者と打合せをしていたところ、現在のまつげエクステ店(恵比寿・六本木・銀座などのエリア)では
「1ヶ月で20件ほどの応募があればかなり人気のマツエク店と考えていいと思います」という見解でした。

それが、1週間で10件ですので、単純計算すると1ヶ月40件ほどの応募になります。
これは数ある競合店の中でもトップクラスに応募が多い結果となり、非常に感激しております。

これまでのアイデザインは立上げ当初より、縁故採用を重視してきました。
これには下記のような理由があります。
①立上げ時に求人媒体を利用する場合、少数しか採用できないため採用コストが大きい
②新卒採用の場合は技術の他に社会人としての教育も必要なため、教育コストが大きい
③経験者採用をしようとしても、他店に比べて小さかったアイデザインには人が集まりにくい

上記のマイナス面があったものの、縁故採用であれば採用コストが抑えられ、
気心の知れた優秀な人材に直接声をかけていくことができました。
しかし「これまで対等に接していた友人・知人が、今日からは上下関係が生まれる。」
どんな業種でも一緒に友人と仕事をするのは、プラスの面が大きい反面、接し方が少し変わってきます。
しかし、それ以上に信用があり、心が通ったメンバーで仕事をすることが、どれだけお店にとってプラスになったか。
様々な方にお声がけをしましたが、入社を決断してくれた方、現在の安定感がある職場にとどまる方に分かれました。
そんな中、立上げ当初の「先行きが不透明な会社」に入社を決断してくれた、立上メンバーにはとても感謝しております。
優秀な立上げメンバーが集まったからこそ、アイデザインは順調に成長することができています。
そして、メンバーの中から、新店舗の店長が生まれることがとても嬉しいです。

しかし、縁故採用には限界があります。
あらゆる人脈をつたっても、紹介を受けても、限界があります。
唯一の方法は、新しく出会っていくしかありません。

そんな中、直接アイデザインのホームページから求人の応募してくれた方が現れました。
このことが私に大きな勇気を与えてくれました。

「これまでは友人・知人を中心にアイリストを集めてきた。でもまだ出会ったことがない方々が、当サロンを発見し、入社希望をしてくれた。今後は多店舗展開をしてもっと多くのお客様に喜んでもらいたい。そのためには多くの優秀な人材の確保が必要である。」

これがキッカケとなり、これまでの閉鎖的な採用方法から脱却し、今回の求人媒体出稿につながりました。
その思いは各種求人媒体の文章に出来る限り表現させていただきました。

その結果、これだけの応募をいただけたのだと思います。

当然かもしれませんが、私は、現場のアイリストがお店を作っていくと考えており、お店の雰囲気や満足度を高めるためには、しっかりとした技術力とお客様から気に入っていただける人間性が必要だと思っています。そのため、採用に対しても厳しい判断をしなければいけないことがあります。多くのご応募があるのは嬉しい反面、その中で入社いただけるのはごく一部です。採用担当者はある意味、求職者さんの将来に大きな影響を与えます。そのことを踏まえた上で、アイデザインのブランドイメージを向上していけるような、素晴らしいスタッフを採用していきたいと思います。

お客様に対しては、今後も満足いただけるサービスを提供するため、人間力を備えた人材を採用し、しっかりとした教育体制を整えて、「またアイデザインに行きたい」と思ってもらえるような環境を頑張って作っていきます。
これからもよろしくお願いいたします。